すべてのクルマはモビルスーツ
クルマからガンダム00、芸能アイドル、2ちゃんスレ、えっち系‥のいろんなネタ、画像、気になったニュース等を紹介してるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【サッカーACL】浦和が初優勝 MVPにFW永井
y-nagai.jpg

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、埼玉スタジアムで決勝の第2戦が行われ、浦和がセパハン(イラン)を2-0で降し、初優勝を飾った。

 第1戦をセパハンのホーム、イスファハン(イラン)で1-1で引き分けた浦和は前半22分、永井のゴールで先制し、後半26分に阿部のヘディングシュートで加点。相手の反撃を無得点に抑え、2戦合計3-1で上回った。大会最優秀選手に永井が選ばれた。

 浦和はトヨタ・クラブワールドカップ(W杯)で12月10日に愛知・豊田スタジアムでセパハンとワイタケレ・ユナイテッド(オセアニア代表)の勝者と戦う。これに勝つと、ACミラン(欧州代表)との対戦が実現する。セパハンは開催国代表枠として出場する。

 浦和は来年のACLの出場権も獲得し、前回優勝クラブとして1次リーグが免除される。同大会の日本の出場枠は3となり、前回の天皇杯で準優勝したガ大阪の出場が決まった。

 ○浦和2-0セパハン●

 攻守がかみ合った浦和の快勝。前半22分、ポンテのパスをDFライン裏で受けた永井が右足でけり込んで先制。後半26分、ゴール前で永井が放ったシュートのこぼれ球を、阿部が頭で押し込んでリードを広げた。セパハンは後半開始から前線の人数を増やして追い上げを図ったが、最後まで決め手を欠いた。

 ▽浦和・ポンテ 自分の得点王よりも、優勝のほうがうれしい。引き分けが多かったのは事実だが、一つも負けがなかった。チームが強い証拠だと思う。

 ▽浦和・田中達 途中からでもピッチに立ててうれしい。この優勝は、チームみんなで勝ち取ったもの。

 ▽浦和・平川 これだけのサポーターが集まったのだから、優勝以外は考えていなかった。

 ▽浦和・内舘(途中出場、守備で貢献)2点リードがあったので、余裕を持ってやれた。頂点に立った実感はない。リーグ戦が終わるまでは、気を抜けない。

 ▽闘莉王 タイトルは日本で初めてで歴史に残ると思う。疲れながらも勝ち方を見つけた。ああなったら僕らは強い。


 ▽日本サッカー協会・川淵三郎会長 うれしいというより、日本サッカー発展のために頑張ってくれてありがとうという感謝の気持ちだ。(以前は)Jリーグのお荷物と言われていたが、サポーターとともに名実ともにアジアナンバーワンになった。

 ▽Jリーグ・鬼武健二チェアマン 歴史の大きな偉業、将来の大きな基礎になった。Jリーグとして、来年以降もACL出場クラブを精いっぱい支援したい。

 ◇「勝って決める」「強い気持ち持って」…浦和

 前半22分、赤く染まったスタンドが揺れた。

 ポンテからのスルーパス。変則的なバウンドに目測を誤ったセパハンDFが空振りしたボールが、最終ラインの裏に抜けた永井の前にこぼれてきた。右45度から思い切り振りぬいたボールは、無回転に近い状態で微妙にブレながら、ゴール左隅に突き刺さった。

 「とにかく1点取りたかった。『入れ』という強い気持ちを持って打った」。右手人差し指を高々と掲げ、喜びを爆発させた永井は、後半26分の追加点にも絡んだ。ワシントンのポストプレーから、思い切りシュート。GKが弾いたこぼれ球を阿部が頭で押し込み、勝利を決定づけた。

 アウェーゴールが効き、第2戦は0-0でも優勝という有利な条件で迎えた。だが、鈴木が「引いたら危ない」、闘莉王が「ホームだし、勝って決めたい」と話していたように、選手に守りの気持ちはなかった。後半、4-4-2から3-4-3に布陣を変え、捨て身の勝負を挑んできたセパハンの反撃に苦しむ時間帯はあったが、最後まで体を張ってゴールを割らせなかった。今季を象徴するような粘りだった。

 日本サッカーに新たな歴史の1ページを切り開いた。休む間もなく、中3日で連覇のかかるリーグ戦を迎えるが、オジェック監督は「今夜だけはすべてを忘れ、心ゆくまで楽しみたい」と目じりを細めた。【安間徹】

 ◇浦和、アウェーで負けず…活躍の原動力に

 浦和はACLを初挑戦で制し、Jリーグでも優勝を目前にしている。その原動力になったのは、敵地で負けないことだ。

 浦和はACLのアウェー6試合を1勝5分けで乗り切った。長距離移動や環境の変化など厳しい条件を克服してきた。リーグ戦でも、今季はアウェーで10連勝を記録するなど、無敗を記録。連戦続きで内容が悪い時でも、堅守を武器に驚異的なしぶとさを発揮した。

 浦和の藤口光紀社長は「アジアで戦うことで、ホームアンドアウェーの戦い方が分かってきた。日本には引き分けを認める文化はなかったが、価値ある引き分けというものもある。そのことを知らしめたという意味で、日本のサッカー文化を発展させることができたと思う」と語った。

 昨年までのJリーグ勢の不振を受け、今年からJリーグや日本サッカー協会がACLのアウェー戦に本格的な支援に乗り出したことも追い風になった。現地との交渉を担うスタッフを派遣したり、チャーター便などを負担することで、出場チームの負担が以前より軽くなった。

 そして勝負を決めるホームで有利に戦うため、浦和は戦略的にACLの1次リーグから、収容人数の多い埼玉スタジアムを試合会場とした。リーグ戦やナビスコカップも含めた今季のホーム公式戦の総入場者数はこの日で96万人を超えた。選手たちはサポーターの熱狂的な声援に励まされている。

 日本代表のオシム監督は「浦和が優勝すれば、日本サッカーの前進につながる」と語っていた。12月には、世界の強豪と真剣勝負の場で戦える。貴重な経験となることは間違いない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000152-mai-socc

君たちは強い
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
キャリア・人材・企業情報
キャリア・人材・企業情報を探すなら http://www.mladickrealty.com/101438/101444/
2008/11/19(水) 13:19:34 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc23881.blog108.fc2.com/tb.php/939-22907d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。