すべてのクルマはモビルスーツ
クルマからガンダム00、芸能アイドル、2ちゃんスレ、えっち系‥のいろんなネタ、画像、気になったニュース等を紹介してるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【プライドかチャンスか】高原出場ピンチ
takahara.jpg


フランクフルトのFW高原直泰(28)が出場機会をはく奪された。左サイドでのプレーを望むフンケル監督との意見が合わず、26日のハノーバー戦ではベンチ入りしたものの出番を与えられなかった。1トップで先発した前節20日のニュルンベルク戦では今季初得点を挙げたが、今後も左サイドでの起用を拒否すれば出番が減ることは確実。来年2月から始まるW杯予選を前に、日本代表のエースがピンチを迎えた。

 試合も終盤に入った後半35分、本拠地に「タカハラ」コールが響いた。20日のニュルンベルク戦で5失点を喫し、ホームに戻って迎えたハノーバー戦。得点が入らない消極的な内容に、サポーターが高原投入を訴えた。それでも動かなかったフンケル監督は試合後「高原がサイドではプレーできないと言っていたので、サイドでは出場させなかった」と説明した。

 当初は4―4―2で臨む予定だったが、左サイドバックのシャフタールが負傷。左サイドの負担を減らすため、フンケル監督は中盤を厚くした従来の4―2―3―1を採用した。その1トップに起用されたのは高原ではなく、チームの主将でもあるギリシャ代表FWアマナティディスだった。

 今季の高原は左サイドでの起用が多く「ゴールに近いところで仕事ができない」と苦しんでいた。9月26日のカールスルーエ戦後「サイドではプレーできない」とフンケル監督に直訴。右ひざ痛から3戦ぶりに復帰したニュルンベルク戦では、1トップで先発して今季初得点を挙げたが、試合は大敗。指揮官は直後のこの試合で、アマナティディスを1トップにする布陣を復活させた。それは、高原が2トップの布陣を待つか、エースの座を奪い返すしか出番はないことを意味していた。

 一夜明けた27日、高原は「1トップでやるにしろ、自分がその1人に入るために結果を出していきたい」と危機感を募らせた。さらに「全く試合に出ないというのは、また違う話」と左サイドを受け入れる可能性も示唆した。オシム監督は日本のエースに絶大な信頼を寄せるが、出場機会が減れば来年2月から始まるW杯予選を控えた日本代表にも大きな影響が出る。出番か、不慣れなサイドか。日本のエースが苦しい選択を迫られる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071028-00000021-spn-spo

アナタってもしかして勝てる勝負しかしないタイプ?ダメダメ。ここぞってときは頑張ってもらわないと(アズラエル)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc23881.blog108.fc2.com/tb.php/848-f58e8330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。