すべてのクルマはモビルスーツ
クルマからガンダム00、芸能アイドル、2ちゃんスレ、えっち系‥のいろんなネタ、画像、気になったニュース等を紹介してるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【元王者・坂本さん】ボクシング通じ施設の子供と心の交流
10012374248.jpg


■「夢と笑顔」取り戻して
 今年1月に引退したプロボクシング元東洋太平洋ライト級チャンピオンの坂本博之さん(36)が、全国各地の児童養護施設を訪問して、子供たちにボクシングを体験してもらう活動に取り組んでいる。交わすのは、拳ではなく心-。虐待されたり、人を信じられなくなったりした子供たちに、夢と笑顔を取り戻してほしいと、“第2のリング”で心のセッションに挑む。(桑原聡)
 「人間は自分しだいで生まれ変われる。それを知ってほしい」
 自らも施設の出身である坂本さんは、現役時代には“実家”である福岡市の和白青松園をたびたび訪問し、子供たちを励ましてきた。その活動を広げるかたちで、畑山隆則さんと世界タイトルをかけて戦った平成12年に、全国の施設の子供たちを応援するために「こころの青空基金」を設立した。
 「全国には558の児童養護施設があり、約3万人が入所しています。いま、子供の人口は減っているというのに、入所する子供は増えている。入所した子供を調査したところ、6割が親による虐待を受けた経験を持っているんです」
 家庭が壊れ、預けられた親戚の家で食事も満足に与えられなかった経験を持つ坂本さんは、そのために他人を誰ひとりとして信じられなくなった時期があったという。だが、幸運にもボクシングと巡り合った。ファンの声援によって人を愛することを覚え、人生を豊かに生きるすべを知った。そう振り返る。
 引退した坂本さんは、後輩の現役ボクサーとともに施設を訪問して、子供たちとボクシングを通じて心の交流を図るという活動を始めた。
 「まず音楽に合わせてシャドーボクシングをします。それから現役の選手を相手にミットを打ってもらう。2時間ほどたっぷりと汗をかいたあとはおやつタイム。子供たちに押しつけがましくなく、メッセージを伝えたいと思っています」
 坂本さんによると、親の愛情を受けて育った子供たちが笑顔でミットを打つのに対して、施設では怒りをぶつけるように打つ子供が多いという。
 「その様子を見ると、ギュッと抱きしめてやりたくなります。でもセッションが終わるころには、多くの子供たちは、はにかみながらも笑顔を見せてくれる。それがいまの僕の生き甲斐です」
 現在、角海老(かどえび)宝石ジム(東京都豊島区)のトレーナーとして生計をたてる坂本さんの活動を支えるのは、基金に寄せられる善意のみ。
 「施設に持っていくおやつは、合羽(かつぱ)橋の問屋で買うんですよ。1円でも安く仕入れたいから」と坂本さんは笑う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000932-san-soci
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc23881.blog108.fc2.com/tb.php/792-5eb5f3e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。