すべてのクルマはモビルスーツ
クルマからガンダム00、芸能アイドル、2ちゃんスレ、えっち系‥のいろんなネタ、画像、気になったニュース等を紹介してるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「24時間テレビ30」歴代最高43.9%を記録
kinchan.jpg


タレント、萩本欽一(66)=写真=が70キロマラソンに挑戦した18~19日放送の日本テレビ系「24時間テレビ30『愛は地球を救う』」の瞬間最高視聴率が43.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)を記録したことが20日、発表された。

 この数字は番組歴代1位(資料のある平成元年以降)で、終了2分前の19日午後8時52分にマーク。日本武道館で出演者たちが「サライ」を歌いながら、欽ちゃんのゴールを待つ瞬間だった。


 番組終了までにゴールできなかったため、引き続きマラソンを生中継した同局系「行列のできる法律相談所」の瞬間最高も42.9%という驚異的な数字をタタキ出した。欽ちゃんがゴールした直後の午後9時7分に記録した。


 ちなみに今年の「24時間テレビ」の平均視聴率は18.6%で全30回の歴史の中で2位(1位は17年の19.0%)。「行列-」の平均は35.3%で、14年の放送開始以来歴代1位だった。66歳の欽ちゃんが完走を果たしたことが、視聴者の大きな感動を呼んだようだ。


 「24時間テレビ」のメーンパーソナリティーを務めたタッキー&翼の滝沢秀明(25)は「愛と勇気と感動が詰まったこの番組を肌で感じることができて幸せでした」、今井翼(25)も「たくさんの方が番組を見ていたことで、よりチャリティーに参加していただく機会が増えたことが一番うれしい」とのコメントを発表した。


http://www.sanspo.com/geino/top/gt200708/gt2007082101.html


欽ちゃん走りで43.9%!「24時間テレビ」歴代最高

 タレント、萩本欽一(66)=写真=が70キロマラソンに挑戦した18~19日放送の日本テレビ系「24時間テレビ30『愛は地球を救う』」の瞬間最高視聴率が43.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)を記録したことが20日、発表された。

 この数字は番組歴代1位(資料のある平成元年以降)で、終了2分前の19日午後8時52分にマーク。日本武道館で出演者たちが「サライ」を歌いながら、欽ちゃんのゴールを待つ瞬間だった。

 番組終了までにゴールできなかったため、引き続きマラソンを生中継した同局系「行列のできる法律相談所」の瞬間最高も42.9%という驚異的な数字をタタキ出した。欽ちゃんがゴールした直後の午後9時7分に記録した。

 ちなみに今年の「24時間テレビ」の平均視聴率は18.6%で全30回の歴史の中で2位(1位は17年の19.0%)。「行列-」の平均は35.3%で、14年の放送開始以来歴代1位だった。66歳の欽ちゃんが完走を果たしたことが、視聴者の大きな感動を呼んだようだ。

 「24時間テレビ」のメーンパーソナリティーを務めたタッキー&翼の滝沢秀明(25)は「愛と勇気と感動が詰まったこの番組を肌で感じることができて幸せでした」、今井翼(25)も「たくさんの方が番組を見ていたことで、よりチャリティーに参加していただく機会が増えたことが一番うれしい」とのコメントを発表した。


★欽ちゃん元気!食事も通常通り

 萩本は20日、オフをとり自宅で過ごした。所属事務所によると前日は午前零時ごろ帰宅し同2時ごろ就寝。この日は午前9時半に起床し、いたって元気な様子で食事も通常通りとったという。驚異的な視聴率については、自宅に届いた関係者からのお祝いの花で知ったといい、「完走できたこととひとくくりで喜んでいると思います」と代弁した。この日の体調から、オフは1日だけで大丈夫と判断された。

 21日は同局系「ズームインSUPER」、22日はニッポン放送「東貴博のヤンピース!」、23日は同「テリー伊藤 のってけラジオ」に生出演。向こう1週間はマラソン完走効果で大忙しだ。


欽ちゃん走りで43.9%!「24時間テレビ」の歴代最高ば記録 2007年 08月 21日

タレントの萩本欽一(66)が70キロマラソンに挑戦した
18~19日放送の日本TV系「24時間テレビ30『愛は地球ば
救う』」の瞬間最高視聴率が43.9%(ビデオリサーチ、
関東地区調べ)ば記録したことが20日に発表されましたとよ。

こん視聴率は番組歴代1位(資料のある平成元年以降)で、
終了2分前の19日午後8時52分にマークしとったとよ。
うち武道館で出演者たちが「サライ」ば歌いながら、
欽ちゃんのゴールば待つ瞬間での記録ばい。

こん模様は、番組終了までにゴールできなかったために、
引き続きマラソンば生中継した同局系「行列けんきる法律相談所」
の瞬間最高も42.9%ちう驚異的な数字になりよったけん。
欽ちゃんがゴールした直後の午後9時7分に記録したもんやけど。

今年の「24時間テレビ」の平均視聴率は18.6%で
全30回の歴史の中で2位(1位は17年の19.0%)やったとよ。
「行列けんきる法律相談所」の平均は35.3%で、
14年の放送開始以来歴代1位やったとよ。
66歳の欽ちゃんが完走ば果たしたことが、
視聴者の大きな感動ば呼んばいうやね。


18~19日放送のにっぽんTV系「24時間テレビ30『愛は地球を
救う』」の瞬間最高視聴率が43.9%(ビデオリサーチ、
関東地区調べ)を記録しいかとが20日に発表されたんや。

この視聴率は番組歴代1位(資料のある平成元年以降)で、
終了2分前の19日午後8時52分にマークしたんや。
にっぽん武道館で出演者たちが「サライ」を歌いながら、
欽ちゃんのゴールを待つ瞬間での記録や。

この模様は、番組終了までにゴールできなかったために、
引き続きマラソンを生中継した同局系「行列のできる法律相談所」
の瞬間最高も42.9%ちう驚異的な数字になりよったんや。
欽ちゃんがゴールした直後の午後9時7分に記録したものや。

今年の「24時間テレビ」の平均視聴率は18.6%で
全30回の歴史の中で2位(1位は17年の19.0%)やったちうわけや。
「行列のできる法律相談所」の平均は35.3%で、
14年の放送開始以来歴代1位やったちうわけや。
66歳の欽ちゃんが完走を果たしいかとが、
視聴者の大きな感動を呼んだようやね


タレント、萩本欽一(66)が 70キロマラソンに挑戦した
18~19日放送の 日本テレビ系「24時間テレビ30『愛は地球を救う』」の
瞬間 最高視聴率が43.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)を 記録したことが
20日、発表された。

 
この数字は 番組歴代1位(資料のある平成元年以降)で、
終了2分前の 19日 午後8時52分にマーク。

日本武道館で 出演者たちが「サライ」を歌いながら、
欽ちゃんのゴールを 待つ瞬間だった。

 
番組終了までに ゴールできなかったため、引き続き マラソンを生中継した
同局系「行列のできる法律相談所」の 瞬間最高も 42.9%という
驚異的な数字を タタキ出した。
欽ちゃんがゴールした直後の 午後9時7分に 記録した。

 
ちなみに 今年の「24時間テレビ」の 平均視聴率は 18.6%で
全30回の歴史の中で 2位(1位は17年の19.0%)。

「行列-」の平均は 35.3%で、14年の放送開始以来 歴代1位だった。
66歳の欽ちゃんが 完走を果たしたことが、視聴者の 大きな感動を呼んだようだ。

 
「24時間テレビ」の メーンパーソナリティーを務めた
タッキー&翼の 滝沢秀明(25)は
「愛と勇気と 感動が詰まった この番組を 肌で感じることができて 幸せでした」、
今井翼(25)も「たくさんの方が 番組を見ていたことで、
よりチャリティーに 参加していただく機会が 増えたことが 一番うれしい」
とのコメントを 発表した。


萩本 欽一(はぎもと きんいち、1941年5月7日 - )。日本野球連盟茨城ゴールデンゴールズ監督、司会者、舞台演出家。

東京都台東区出身。身長162cm、体重65kg。駒込高等学校卒業。血液型A型。浅井企画所属。大衆からはもとより、芸能界でも先輩・後輩問わず「欽ちゃん」の愛称で呼ばれる。その他の愛称は「萩モー」「萩」など。また、彼の番組や舞台から育ったいわゆる欽ちゃんファミリーには「大将」と呼ばせている。

1970年代、1980年代に、「なんでそーなるの!」というギャグや、「欽ちゃん走り」と言われる独特の走り方(原点は東八郎)など体を使った笑い、さらに素人および素人っぽさを残す才能を開花させるなど活躍した。「どっちらけ」、「バンザーイなしよ」等今も語り継がれるギャグも多い。現在ごく普通に使われる「ウケる」(ややウケ、バカウケ等)という言葉も、最初は『欽ちゃんのドンといってみよう!!』から広まったと言われている(芸人言葉を一般にも広めた)。


コント55号以前
萩本は中学卒業と共に芸人を目指し、浅草を代表する喜劇役者・大宮敏充の元へ弟子入りを請うが、「せめて高校を出てからおいで」と断られる。
高校卒業後、浅草公園六区にあった東洋劇場(東洋興業経営)の仲介で再度入門を請うべく大宮が常打ちにしていた浅草松竹演芸場へと赴くが、「だめだったらウチにおいで」という言葉をきいた事で寸前で入門することを取りやめ、その足で同じ近隣の東洋劇場に入団。研究生としてコメディアンの卵となる。

東洋劇場では、先輩芸人である池信一や石田英二、そして東八郎から数多くの指導を受ける。また、彼等の大師匠筋である浅草の首領こと深見千三郎(ビートたけしの師匠)からも薫陶を受け、大いに可愛がられる(もっとも、テレビ進出後に世間へイメージが良くないと判断し、浅草ストリップ劇場修行の過去を隠蔽し、全く浅草を避けるような行動に走る萩本を見て、深見は『萩本の野郎恩を忘れやがって』と萩本に怒りをぶつけていた)。

東洋劇場で上達した頃、同系列の浅草フランス座へ出向。ストリップの幕間コントで更に腕を磨く。ここで漫才師崩れの専属コメディアン・安藤ロール(のちの坂上二郎)と知り合う。しかし、当時は共演というよりはむしろ競演で、お互いに自分だけがウケようと衝突していたとの事である。彼の坂上に対する印象は「一緒にやったら食われるから嫌い」というものだったそうだ。

その後萩本は東洋興業を辞め、いくつかのコントグループを経て浅草松竹演芸場で劇団浅草新喜劇を旗揚げして座長公演を行う。同時期に、放送作家のはかま満緒に師事してお笑い作りに本格的に取り組む。ここで、後年コント55号の殆どの台本を手掛けた岩城未知男と知り合う。さらに、はかまのツテで、TBSのプロデューサー・向井爽也や芸能マネージャー・浅井良二(浅井企画代表)と知り合い、本格的にタレント活動を開始。向井の手掛ける公開コメディー番組『じんたかパンチ』のコマーシャルに起用される。しかし、ここで緊張したのか気負ったのか、萩本は異例ともいえる21回ものNGを連発し、降板を余儀なくされる。

失意の萩本は、テレビ進出を諦め生涯舞台役者で生きていくことを決意。浅草新喜劇も解散して、熱海つるやホテルの営業で再起を期していた。ここでたまたま考案した一人コント「机」が、後年日本中を席捲したコント55号の端緒となるのである。

また、後に『快獣ブースカ』で脚本家デビューすることになる市川森一と、はかま満緒師事時代に友人であった。市川は後年、日本テレビの開局40周年スペシャルドラマ『ゴールデンボーイズ』で、若かりし頃の萩本(演者は小堺一機)の、これらのエピソードを描いている。


[編集] コント55号
坂上二郎から誘われる形で、一回の舞台契約だけで、1966年、「コント55号」を結成した(しばらくは、その都度の契約だったが、気づいたらコンビになっていたそうだ)。

前田武彦と組んだフジテレビの公開生放送『お昼のゴールデンショー』(1968年~1971年)で人気に火がついた。以降、『コント55号の世界は笑う』(フジ)、『コント55号の裏番組をぶっとばせ!』『コント55号のなんでそうなるの?』(ともに日本テレビ)、『チータ55号』『みんなで出よう!55号決定版』(TBSテレビ)、『ウォー!コント55号!!』『コント55号!!笑ってたまるか!?』(NETテレビ・現在のテレビ朝日)など、テレビを席巻した。その後もコンビとしての活動は続いたが、1975年に始まり、久米宏司会で大人気となった『ぴったし カン・カン』(TBSテレビ)ではグループリーダー役など、昔のコンビ芸とは違い、次第に個々の活動に入っていった。


[編集] 視聴率100%男
1972年から始まったニッポン放送のラジオ番組『欽ちゃんのドンといってみよう!!』には単独で出演。聴取者からのハガキ投稿が基本の番組で人気が上昇し、1975年には土曜の夜に公開放送で行われた『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(フジ)として、テレビ番組化された。当時同局で司会を担当していた『オールスター家族対抗歌合戦』(1972年~1986年、ただし萩本は1984年6月限りで司会を降板)や、『スター誕生!』(日本テレビ)において編み出したともいわれる、ゲストの家族や素人出演者へのツッコミぶりは、「欽ドン!」では素人主体で結成された「欽ドン劇団」や、ロケ先で道行く人々をも巻き込み大きく開花し、のちの番組においても一連の素人扱いぶりは天才的な至芸を極めた。

また、この番組のオファーがあった際に「僕は司会ができないから、ちゃんと司会ができる女の子をつけてほしい」と希望した。これが現在のアシスタントの走りといわれる。

以降、間を置いて1981年には月曜9時に『欽ドン!良い子悪い子普通の子』シリーズ(フジ)が開始。1976年から始まっていたホームコメディ『欽ちゃんのどこまでやるの!?』(欽どこ)(朝日)、1982年に始まった『欽ちゃんの週刊欽曜日』(TBS)と高視聴率番組が続き、各番組の合計した視聴率の数字から「100%男」の異名を取った。これらの番組から人気芸能人が生まれ、彼らは「欽ちゃんファミリー」として巣立った。

萩本は素人をお笑いタレント化するのが非常に上手かっただけではなく、意外な有名人のお笑いの才能を引き出すことにも長けていた。前川清(歌手、元々はクールな二枚目キャラ)、内山田洋とクール・ファイブ(ムード歌謡グループ)、中原理恵(若手歌謡曲歌手)、真屋順子(元は正統派の舞台女優)、志賀勝(悪役俳優)など、それまでお笑いに縁がなかった面々を自分の世界に引き込み、新たな才能を育てたと言える。

その反面、萩本は自分の番組内で人気と知名度が高まった面々を、あっさりと切り捨てることも多い。萩本の番組に出演したことで強い色が付いてしまった結果、その後の俳優やタレントとしての活動に制約が生じ、完全に低迷してしまう例も多く見られた。彼らが人気と知名度を獲得したのは、多くには萩本の力によるものであるにも関わらず、自分の実力を過信してしまう例もあったと言われる。萩本の唯一の弟子とも言われる斉藤清六も、「欽どこ」出演により一時は人気を博したものの、近年テレビへの出演が少なくなっている。
一連の企画・主演バラエティ番組以外でも、1971年開始の『スター誕生!』(日本テレビ)を皮切りに、先述の『オールスター家族対抗歌合戦』(フジテレビ)では司会者として、また、1978年から現在も続いている『24時間テレビ』(日本テレビ系)と1975年に始まった『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』(ニッポン放送)では初期にメインパーソナリティを勤め、番組の顔ともなった。

1985年3月、充電と称して当時のレギュラー番組をすべて打ち切り、半年間ほど休養する。理由について本人は「『100%男』と言われるまでに至った人気を維持していく事に自信がもてなくなった」と説明、また当時人気のあった『オレたちひょうきん族』などの一連のアドリブ主導のテレビ番組が嫌になったとも言われる。本人は大のアドリブ嫌いで、コント55号のコントでもアドリブを連発する坂上二郎に対し、舞台裏では「二郎さんが台本通りやってくれない」と毎回楽屋で泣いていたという逸話がある。しかし一方では齋藤太朗(日本テレビディレクター)の「台本どおりのコントをやって欲しい」との要求に対し「演者には演者としてのプライドがある」と反発し、舞台ではアドリブを連発していたとのエピソードもあり、決してアドリブを全否定していたわけではないようだ。また視聴率が下降気味であることを指摘されるようになり嫌気が差したとも本人は後に述べている。



http://takisakura.blog99.fc2.com/blog-entry-47.html#trackback
http://tomato515.arekao.jp/entry-08ac1bcae2ce4d2da007342e89326c1c.html#Trackback
http://mediumorchid1510.blog112.fc2.com/blog-entry-977.html#trackback-top
http://eyesofhassy.iza.ne.jp/blog/entry/274666#tback
http://nonko26jp.blog113.fc2.com/blog-entry-181.html#trackback


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc23881.blog108.fc2.com/tb.php/531-be58b66b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。