すべてのクルマはモビルスーツ
クルマからガンダム00、芸能アイドル、2ちゃんスレ、えっち系‥のいろんなネタ、画像、気になったニュース等を紹介してるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーセナル・アンリがバルセロナへ移籍
henri.jpg


欧州移籍市場でまた、ビッグネームが新天地を求めた。

6月25日、アーセナル(イングランド)のエースでフランス代表のFWティエリ・アンリが、FCバルセロナ(スペイン)へ移籍することが決定した。移籍金は2400万ユーロ(約40億円)。しかし「世界最高のFW」とも称される彼にしては、破格の安値ともいえる値段である。


アンリ(右)はFCバルセロナへの移籍を昨年もうわさされていた(左はバルセロナのジョアン・ラポルタ会長、ロイター) アンリはリーグ・アン(フランス国内リーグ)のASモナコで頭角を現したプレイヤー。1998年に地元で開催されたワールドカップ・フランス大会に弱冠20歳ながら出場し、優勝に貢献する。そして、クラブでの活躍が認められ、イタリアの名門・ユベントスFCへ移籍する。

 しかし、ユベントスではまったくといっていいほど活躍することができなかった。その後、わずか半年で彼はトリノ(ユベントスの本拠地)を去ることになった。失意の中にいたアンリを救ったのがアーセナル、そして「欧州屈指の名将」ベンゲル監督だ。

 イングランドにやってきた彼は、その才能を十分に発揮した。それまでは右サイドというポジションだった彼を、ベンゲルはFWにコンバートした。これが結果的に大成功を収める。 

 01−02シーズン、アーセナルはプレミアシップ(イングランド国内リーグ)優勝を果たす。そして、アンリ自身も31得点し、エースとしてチームを引っ張ると共に初の得点王を獲得した。圧巻は03−04シーズン。国内でアーセナルは圧倒的な強さを誇り、100年以上どのチームも成し遂げられなかった、「無敗優勝」を果たす。彼自身も30得点をたたき出し、2度目の得点王の座についた。

 アンリは続く04−05、05−06シーズンも得点王に輝き、「世界屈指のストライカー」の地位を不動のものにしている。しかし、06−07シーズンは12得点にとどまり、けがのため早々とシーズンを終えてしまった。

 激震が走ったのは4月だった。

 アンリの恩師・ベンゲル監督をチームに招聘(しょうへい)したデイン副会長が方針の対立から辞任。ベンゲル、そしてチームの将来が不安視されていた。アンリが8年間アーセナルでプレーし続けてきたのも同郷のベンゲルの存在があってこそ。そのベンゲルが監督を続けられるか分からない。

 アンリは移籍を決断した理由をこのように明かした。

 07−08シーズンのアンリはスペインの地で戦う。ここでバルセロナ、アーセナルそれぞれの影響を見てみよう。

 これから試練が待ちかまえるのは、アーセナル。8年間で計226点をたたき出したエースというだけでなく、精神的支柱でもあった彼を放出した影響はマイナスにしかならない。手に入れた2400万ユーロの移籍金を有効に使えるかどうかだ。

 バルセロナにしても世界屈指のストライカーを手に入れたプラス面だけではない。

 バルセロナにはすでにサミュエル・エトーという素晴らしいストライカーがいる。仮に来シーズン2人でポジションを争わせるのならメンタル面のケアは欠かせない。プライドも世界屈指のプレイヤーなのだから。

 いずれにしても、バルセロナとアンリの動向からは目が離せそうにない。


そーすhttp://www.ohmynews.co.jp/news/20070626/12543
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc23881.blog108.fc2.com/tb.php/239-f9d70160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。