すべてのクルマはモビルスーツ
クルマからガンダム00、芸能アイドル、2ちゃんスレ、えっち系‥のいろんなネタ、画像、気になったニュース等を紹介してるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白髪は抜かないほうが良い?
siraga.jpg


今まで白髪がまったくなかった人が、鏡を見て白髪を発見すると、驚いて抜いてしまうこともあるだろう。しかし、白髪は本当に抜いていいものなのだろうか? 一説には、抜くと増えるとも言われている。ここでは、白髪の不思議について考えてみる。

 そもそも、なぜ黒髪が白髪になるかというと、これは毛根に存在する細胞が作っているメラニン色素の欠乏が問題なのである。メラニン色素は、肌の日焼けなどでよく登場する悪役だが、髪に関しては黒色を保つために非常に重要なのである。このようなメラニン産生量の違いが、若い人における白髪の個人差にもつながっている。

 困ったことに、メラニンをつくる毛根の細胞は加齢とストレスに弱い。つまり、歳をとれば、否が応でもメラニンが徐々に減っていき、白髪が増える。ストレスに関しては、あまりに激しいときには、たった一日にして細胞がダメージを受けて、髪が白くなることもある。但し、ストレスの場合は、一時的であることが多く、ある程度の時間が経てば回復が見込まれる。

 要するに白髪を防止するには、毛根のメラニン産生細胞を大事にすればよいということである(歳には逆らえないとしても)。医学的には、無理に白髪を抜いたからといって、必ずしも白髪が増えるとは証明されていないが、抜けば必ず細胞にはダメージを与えるため、避けたほうが無難であろう。

 白髪染めも少なからずダメージを与えるが、仕方がないといえば仕方がない。ハサミで切ればダメージは少なくて済むのだが、逆に短くなった髪が、不自然に目立ってしまうということもある。

 しかし白髪は本来、熟練者の風格を漂わせるものである。生えてきたからといって悲しまずに、自分の人生の成長を実感して、感動するくらいポジティブに考えてもいいのではないだろうか?


そのくらいポジティブ生きてみたい

そーすhttp://news.ameba.jp/2007/06/5254.php
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fc23881.blog108.fc2.com/tb.php/107-55bdd91d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。