すべてのクルマはモビルスーツ
クルマからガンダム00、芸能アイドル、2ちゃんスレ、えっち系‥のいろんなネタ、画像、気になったニュース等を紹介してるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【デスノート】Lの小説発売、著者は“M”
L

あのL(エル)が帰ってくる…。ジャンプコミックスで絶大な人気を集めていた、マンガ『DEATH NOTE(デスノート)』。06年には映画化もされ、死神のノートを手にする主人公、夜神月を藤原竜也、名探偵Lを松山ケンイチが演じ、邦画史上初の前編・後編に分けての連続公開も話題に。アニメ化もされ、“デスノート”人気がますますヒートアップする中、08年2月9日にはLを主人公にしたスピンアウト映画、『L~change the WorLd~』が公開される。さらに、映画の公開に先がけて、『L~change the WorLd~』の小説版が12月25日に発売されるのだが、これは著名な作家が“M”の名前で執筆したものだという。

名探偵Lを演じる、松山ケンイチ 映画『L~change the WorLd~』クランクアップ会見時の写真

 今回の映画は、L最期の23日間を描く完全オリジナルストーリー。映画の公式サイトによると、原作にはない新たなるLの物語を立ち上げるにあたって、プロデューサーは第1線で活躍している作家に依頼。それまで原作を読んだことがなかった作家は、「世界的な天才探偵」という存在と、原作を生かしつついかにオリジナルの要素も盛り込むか、という点に魅力を感じ、参加を承諾。

 参加にあたり、自分の作品としてではなく、純粋な「デスノートのLの物語」として読んでもらいたいとの思いで、自分の名前を出さずMと名乗っている。「デスノートを使った者が行く場所=無」ということからこの名前なんだとか。

 小説版では、映画にないエピソードも満載。『デスノート』の世界をさらに謎めかすような、今回の小説発売。さらにLが楽しめる、ファンならずとも必携の1冊になりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000015-oric-ent
スポンサーサイト
「ファミコン」が引退 任天堂、修理終える
famicom.jpg

任天堂は31日、大ヒットした家庭用テレビゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」と「スーパーファミコン」の修理受け付けを終了した。最近は申し込みがほとんどなく、部品調達が難しくなってきたためで、全世界で計約1億1000万台売れた両ゲーム機は事実上、“引退”する。
 広報担当者は「ファミコン時代のゲームソフトはWiiでダウンロードして楽しんでほしい」と話している。
 ファミコンは昭和58年、スーパーファミコンは平成2年に発売、ともに15年まで販売された。

続き・そーす「ワクテカNews」さんより
おまいら喜べ日本でもプロゲーマー誕生するぞ!
takahashi-meijin.jpg

<日経>◇対戦ゲーム=「eスポーツ」、プロ化計画が始動

家庭用ゲームなどを通じた対戦を「eスポーツ」と呼び、プロスポーツ競技として育てる
取り組みが動き始めた。日本eスポーツ協会設立準備委員会(委員長=西村康稔衆院議員)が
発足、12月に初の「日韓戦」を開く。米国や韓国では既にプロチームができ、1億円を稼ぐプロ選手
も生まれている。将来オリンピック種目への採用も視野に、選手やファンのすそ野を広げていく。

続き・そーす「ワクテカNews」 さんより

【初音ミク特集放送で】TBS「アッコにおまかせ」に批判相次ぐ
I_N_Image_20061010_101257.jpg


TBS系列で10月14日昼に放送された「アッコにおまかせ」で、歌声制作ソフト「初音ミク」を紹介した特集に対し、放送直後からネット上で批判が相次いでいる。結果的に同ソフトが「単なるオタクのおもちゃという扱い」と失望する声や、「ソフト自体とは無関係な『オタク』をおもしろおかしく取り上げるテレビの印象操作にはうんざり」といった声が多い。
特集は約2分半。まず東京・秋葉原で通行人に「初音ミク」について尋ね、秋葉原では知名度が高いことを紹介。同ソフトを使って音楽を制作しているユーザー宅を訪問し、ユーザーが「初音ミク」がPCで歌声を制作できるソフトだと明かした。

 ここでナレーションが「歌詞と音程を入力すればヴァーチャルアイドルが歌ってくれる」「萌え萌えアイドルがまるでレコーディングをしたかのように歌ってくれるのだ」などとソフトを紹介した。

 販売元のクリプトン・フューチャー・メディアの担当者も登場し、「つんく♂さんですとか、プロデューサーの方がまるでモーニング娘をプロデュースするように、一般の方も自分で作った曲や歌を歌わせることによって、プロデューサー感覚を味わえるような展開を目指して開発を進めました」と話した。

 先立って登場していたユーザーが、同ソフトを使って制作したオリジナル曲を生演奏付きで披露した。しかしその後は一転し、ユーザーの「3次元には興味がないんで」「俺の嫁」といった発言や、ユーザーの部屋に貼られていたギャルゲーキャラのポスター、コスプレなどを取り上げる流れになった。

 最後に、ナレーションがこのユーザーに対し「普段は何を」と質問。ユーザーが「コンビニでアルバイトを」と返答すると「ふーん、ご立派ですねえ」とナレーションが返して特集ビデオは終了した。

●「ご立派ですね、TBSさん」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071015-00000008-zdn_n-sci
【モンハンもWiiへ】人気ゲーム、またも任天堂へ移籍
monsterhunter.jpg


カプコンは10日、ソニー・コンピュータエンタテインメントの据え置き機「プレイステーション(PS)3」向けに開発するとしていた人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」の最新作を任天堂の「Wii(ウィー)」用に転換すると発表した。スクウェア・エニックス の「ドラゴンクエスト9」に続く大型作品の任天堂移籍は、巻き返しを狙うソニーにとって痛手となりそうだ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071010-00000219-jij-biz
[【モンハンもWiiへ】人気ゲーム、またも任天堂へ移籍]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。